但馬

  • 印刷
動画一覧へ
全面露天の「庭園風呂」に改装された「御所の湯」=城崎温泉
拡大
全面露天の「庭園風呂」に改装された「御所の湯」=城崎温泉
従来の人工の滝も残され、まもなく紅葉が見頃に=城崎温泉
拡大
従来の人工の滝も残され、まもなく紅葉が見頃に=城崎温泉

 兵庫県豊岡市の城崎温泉の外湯の一つ「御所の湯」が11月2日午後3時にリニューアルオープンする。屋根を撤去した全面露天の「庭園風呂」に改修され、植栽で四季を感じられる趣のある様相になった。

 今月28日に、報道関係者向けの内覧会が開かれた。

 御所の湯は昨年8月に天井の腐食により部材が崩落し、市などが工費と風情のバランスを考えながら再開に向けて準備を進めていた。屋根を撤去し、三角屋根のような「束立(つかだ)て小屋組」工法でひさし部分を設けた。洗い場は寒さ対策のために屋内のままで、ガラス扉で仕切られている。総事業費は約1億800万円。

 風呂の周囲には但馬の山々をイメージした植栽をほどこし、西側浴室には但馬の自生種であるキンキマメザクラ、東側には田道間守(たじまのもり)が海の向こうから持ち帰ったとされるタチバナの木を植えた。風呂の奥にある名物の人工の滝もそのまま残され、来月中頃から紅葉が楽しめるという。

 市城崎温泉課の植田教夫課長は「春は桜とタチバナ、夏は緑と星空、秋は紅葉、冬は雪と、四季を楽しんでもらいたい」と話した。

 午前7時~午後11時。木曜定休。700円(小学生以下350円)。(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ