但馬

  • 印刷
酒米農家を支援しようと、日本酒セット「但馬の蔵元自慢」を発売する蔵元や酒販会社の関係者=朝来市山東町矢名瀬町
拡大
酒米農家を支援しようと、日本酒セット「但馬の蔵元自慢」を発売する蔵元や酒販会社の関係者=朝来市山東町矢名瀬町
(左)出石酒造の「楽々鶴 上撰原酒」(右)香住鶴の「生●純米 香住鶴」(いずれも北兵庫酒造組合提供)(注)●は「酉」の右に「元」
拡大
(左)出石酒造の「楽々鶴 上撰原酒」(右)香住鶴の「生●純米 香住鶴」(いずれも北兵庫酒造組合提供)(注)●は「酉」の右に「元」
(左)此の友酒造の「特別純米 但馬強力」(右)銀海酒造の「本醸造 月天」(いずれも北兵庫酒造組合提供)
拡大
(左)此の友酒造の「特別純米 但馬強力」(右)銀海酒造の「本醸造 月天」(いずれも北兵庫酒造組合提供)
(左)田治米の「竹泉 芳醇辛口純米酒 醇辛」(右)八鹿酒造の「純米 夫婦杉」(いずれも北兵庫酒造組合提供)
拡大
(左)田治米の「竹泉 芳醇辛口純米酒 醇辛」(右)八鹿酒造の「純米 夫婦杉」(いずれも北兵庫酒造組合提供)

 兵庫県但馬地域の酒蔵6社でつくる北兵庫酒造組合が、各社の地酒をセットにした「但馬の蔵元自慢」を11月4日から、但馬地域を中心とした各酒販店で発売する。新型コロナウイルス感染拡大を受けて、日本酒需要の低迷に苦しむ酒米農家を支援するのが狙い。さまざまな味わいの純米酒や本醸造酒などを飲み比べできる。(竜門和諒)

 銘柄は「楽々鶴(ささづる) 上撰原酒」(出石酒造)▽「生●(きもと)純米 香住鶴」(香住鶴)▽「本醸造 月天(がってん)」(銀海酒造)▽「特別純米 但馬強力」(此の友酒造)▽「竹泉 芳醇辛口純米酒 醇辛」(田治米)▽「純米 夫婦杉」(八鹿酒造)。瓶詰めの各270~300ミリリットル入りで、販売価格は3850円。

 同組合が但馬地域の酒販組合や酒類問屋と協力して企画した。組合によると、4~6月は飲食店の休業などで地酒の販売が大幅に落ち込み、現在も売り上げが伸び悩むという。

 酒米農家にも日本酒需要が減少した打撃は大きく、但馬地域では一度作付けした田んぼの苗を抜き、枝豆などに転作した例も。本年度の売り上げ次第では来年度の作付けを大幅に減らす可能性もある。

 販売に向けて、同組合は「日本の酒米農家を応援しよう」と記された箱とチラシを制作。酒類問屋2社が箱詰めを行い、酒販会社2社がPRを担う。

 同組合の田治米博貴理事長(50)は「6銘柄の個性豊かな味を楽しんでもらい、但馬の酒米農家の支援につなげたい」と話している。

 田治米TEL079・676・2033

(注)●は「酉」の右に「元」

但馬の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ