但馬

  • 印刷
次世代型のドローン「エアロボウイング」を見学する参加者=ドローンポート鉢山
拡大
次世代型のドローン「エアロボウイング」を見学する参加者=ドローンポート鉢山

 小型無人機ドローンの操縦士を養成する「北兵庫ドローンスクール」(兵庫県豊岡市千代田町)が3日、同市駄坂の「ドローンポート鉢山」で新型ドローンの実演飛行を行った。地元住民や関係者ら約30人が、自動飛行の様子などを見学した。

 お披露目されたのはドローンの製造・販売を手掛ける「エアロセンス」(東京)の新製品「エアロボウイング」。垂直離着陸用のプロペラと固定翼を併用した飛行が特徴で、最高速度は時速100キロ、最大50キロの長距離飛行が可能という。

 実演では、同スクールの折戸宏次代表らが機体の仕組みなどを説明。同社のスタッフは、機体の下に大型レンズを備えていることなどを紹介し「農業の点検や測量、災害調査、物流などに役立てられる」などと強調した。

 その後、周辺約500~700メートルを自動飛行の機能で旋回。パソコンで設定した通りのルートや高度で往復する様子に、参加者はカメラを向けるなどして見入っていた。見学した専業農家の男性(57)=同市=は「思ったより速く、遠くへ飛んでいた。農地が広いほど力を発揮しそう」と話していた。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ