但馬

  • 印刷
白ネギの新ブランド「タジマ ネギマッチョ」を収穫する児童たち=豊岡市出石町日野辺
拡大
白ネギの新ブランド「タジマ ネギマッチョ」を収穫する児童たち=豊岡市出石町日野辺
白ネギの新ブランド「タジマ ネギマッチョ」を収穫する児童たち=豊岡市出石町日野辺
拡大
白ネギの新ブランド「タジマ ネギマッチョ」を収穫する児童たち=豊岡市出石町日野辺

 兵庫県豊岡市出石町日野辺の寺坂小学校と寺坂幼稚園の児童や園児ら34人が4日、今年から本格的に出荷が始まった白ネギの新ブランド「タジマ ネギマッチョ」の収穫を体験した。同校に隣接する畑で育てられている縁で実現。児童らは、太く育ったネギを抜き出した。

 「ネギマッチョ」は地元農家、小川恭弘さん(30)ら、同市の新規就農者5人でつくる組合が、新たな特産品にと育てている。規格外の3~4センチまで太くするのが特徴で、10月下旬から出荷を始めた。

 食育の一環で、出石学校給食センターの栄養教諭貞友範子さん(38)が小川さんらに体験を打診していた。収穫したネギは5日、出石・但東地域の小中学校などで提供するメニュー「和牛と出石白ネギのすき焼き」に使う。

 小川さんは「僕たちが作った新ブランド。みんなで食べて好きになって」と呼び掛けた。ネギの抜き方を手ほどきされた児童らは、1人10本近く収穫し、太さを比べ合った。6年の女児(12)は「力が要り、難しかった」とし、「規格外のネギも、鍋料理に入れて食べたら、甘くて軟らかくておいしかった。明日の給食が楽しみ」と話した。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ