但馬

  • 印刷
太い縄をねじり上げて編んでいく「薬王寺森林グループ」のメンバー=豊岡市但東町薬王寺
拡大
太い縄をねじり上げて編んでいく「薬王寺森林グループ」のメンバー=豊岡市但東町薬王寺

 兵庫県豊岡市但東町薬王寺の住民でつくる「薬王寺森林グループ」が、神戸市中央区の生田神社に納めるしめ縄づくりを進めている。本殿に掲げられる大きなしめ縄を、10人のメンバーが息を合わせてねじり上げ、仕上げに入っている。

 同グループは地域の山林の伐採や手入れに取り組む。2007年から正月飾りの「杉盛り」を生田神社に納め、12年からはしめ縄も依頼を受けている。

 しめ縄には、地元の約500平方メートルの水田に稲の苗を植え、9月に刈り取って天日干しをしたわらを使用。今年はよく乾燥しているという。

 1本直径21センチの縄を3本編みにするしめ縄は長さ5メートル。わらの束を継ぎ足しながら、「せいのっ」と掛け声に合わせて2人がかりでねじり上げる。初参加の男性(68)は「タイミングを合わせるのが大事。どんどん形になっていくのが面白い」と話す。

 細縄などとともに12月中旬に納入する予定。グループ世話人の植田安雄さん(78)は「初詣に訪れる多くの人に見てもらえれば」と話していた。(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ