但馬

  • 印刷
新作の菓子「幸玉」を製作した角谷製菓の角谷隆政社長=豊岡市城崎町来日
拡大
新作の菓子「幸玉」を製作した角谷製菓の角谷隆政社長=豊岡市城崎町来日
角谷製菓の「幸玉」
拡大
角谷製菓の「幸玉」

 兵庫県豊岡市気比の角谷製菓が、「お菓子の神様」を祭る中嶋神社(同市三宅)に奉納する新作の焼き菓子「幸玉(ゆきだま)」を開発し、直営店で販売している。神様が持ち帰ったとされるタチバナの実や、コウノトリ育むお米の米粉を使用。角谷隆政社長(47)は「菓子業に携わってきた感謝を込めた。口にして幸せになってもらえたら」と話している。(石川 翠)

 中嶋神社には全国から菓子メーカーが参拝に訪れる。角谷社長は地元企業として奉納菓子を作りたいと数年前から検討していた。

 同社のメイン商品は飲食店で鍋料理に提供されることが多い餅類だったため、新型コロナウイルス感染拡大により飲食店が大きな打撃を受け、特に宴会シーズンのニーズがなくなったことで取引が大幅に減少したという。

 暗い気持ちを吹き飛ばしたいと、新商品開発も兼ねて昨春から企画した。これまで餅以外の商品は土産物用のカニ煎餅のみだった。

 生地にタチバナの皮を煮込んだジャムを練り込み、3センチほどのボール状に焼き上げて、粉砂糖をまぶしたクッキー。タチバナの実をつけ込んだオリーブオイルも使用してしっとりと仕上げた。ほろほろと口の中で崩れる食感と、粉砂糖とかんきつの香りが合わさった爽やかな甘さが特徴だ。

 見た目からスノーボールとも言われることから、「雪玉」と「幸せ」を掛けて名付けた。パッケージはめでたい朱色の箱に、神様がタチバナの実を抱えている姿をイメージしたイラストをあしらった。

 元日に中嶋神社に奉納し、今後も毎月奉納する予定。売上金の一部は神社運営に寄付するという。

 5袋(1袋4個入り)、1080円。同市城崎町湯島の角谷藤兵衛城崎本店(木曜定休)などで販売している。角谷製菓TEL0796・28・2140

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(3月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 8℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ