但馬

  • 印刷
婦人会メンバーにわらの結び方を教わる児童=浜坂多目的集会施設
拡大
婦人会メンバーにわらの結び方を教わる児童=浜坂多目的集会施設

 兵庫県新温泉町内の3世代がかき餅作りを楽しむイベントが6日、浜坂多目的集会施設(同町浜坂)で開かれた。親子連れ約100人が色とりどりの餅をわらに結ぶ作業などに挑戦し、郷土の保存食について学んだ。

 伝統食を通じて地域の絆を深めてもらおうと、50~90代の地元女性でつくる浜坂地域婦人会が10年ほど前から毎年主催する。

 餅は同会のメンバー約20人が1週間前から洗米や餅つきを済ませ、れんがブロック状の形に整えた。エプロンに三角巾姿の子どもたちはメンバーの手ほどきを受けながら餅を短冊状にスライス。黒ごまやえびなど7種類の餅を2枚ずつ重ね、干して乾燥させるためにわらで順番に結んでいった。

 藤井宏子会長(74)は「新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれたが、子どもたちの楽しそうな様子を見られただけでうれしい。できる限り続けたい」と話していた。(末吉佳希)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ