但馬

  • 印刷

 昨年11月6日に解禁されたズワイガニ漁について、但馬の沖合底引き網漁船44隻による今年1月末までの水揚げ状況を兵庫県但馬水産事務所が発表した。松葉ガニ(雄)とセコガニ(雌)を合わせた総漁獲量は前年同期比11%減の約616トンだったが、政府の観光支援事業「Go To トラベル」を受けた需要増で、総漁獲額は同17・2%増の約44億3千万円と大幅に伸びた。漁期は3月20日まで。

 国から県に割り当てられた漁獲可能量(1073トン)の消化率は57・4%。セコガニは12月末で漁を終えた。12、1月は寒波の影響で出漁機会が減ったため総漁獲量が低下したという。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ