但馬

  • 印刷
タブレットで遠隔操作できるようになった音響設備=新温泉町湯、夢ホール
拡大
タブレットで遠隔操作できるようになった音響設備=新温泉町湯、夢ホール
今年3月にリニューアル工事が終わった夢ホール=新温泉町湯、夢ホール
拡大
今年3月にリニューアル工事が終わった夢ホール=新温泉町湯、夢ホール

 兵庫県新温泉町湯の文化体育館「夢ホール」の改装が終わり、7日、関係者向けの内覧会が開かれた。耐震補強のほか、照明や音響も刷新。町の担当者は「安全性向上に加え、音楽や舞台公演をより本格的に楽しめるようになった」としている。

 同ホールは1976年度に体育館として建設。93年度に芸術文化の発信拠点とする大規模改修で舞台や控室などを増設。近年では地盤沈下が確認され、約7億7千万円をかけて2019年度~20年度に改修した。

 鉄筋コンクリート造り地上2階、地下1階。延べ床面積はチャイルドルームの増設などに伴い約500平方メートル増え、約1950平方メートルとなった。舞台は照明のほとんどを発光ダイオード(LED)に変換し、電動の巨大スクリーン(縦5メートル、幅13メートル)も設置。舞台袖に搬入庫を新設し、道具や大型機械などの搬入が容易になったという。

 また、音響設備はタブレットを使った遠隔操作が可能に。講演会など用途に応じた設定が用意された。

 10日午後1時半から、同ホールの完成を祝う式典を行う予定。劇作家平田オリザさんの講演や主宰する劇団「青年団」による演劇「銀河鉄道の夜」がある。温泉公民館TEL0796・92・1870

(末吉佳希)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(4月22日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ