但馬

  • 印刷
「クイーンエリザベス2」の模型の前で感謝状を手にする藤原良長さん(左)と弟照士さん=香住区中央公民館
拡大
「クイーンエリザベス2」の模型の前で感謝状を手にする藤原良長さん(左)と弟照士さん=香住区中央公民館
今井雄治副町長から感謝状を贈られる藤原良長さん(右)=香住区中央公民館
拡大
今井雄治副町長から感謝状を贈られる藤原良長さん(右)=香住区中央公民館

 兵庫県香美町香住区香住の藤原良長さん(88)が半世紀以上にわたって作り続けた船の模型を一堂に集めた作品展が、同町香住区香住の香住区中央公民館で開かれている。町内の公共施設や小学校などに寄贈した16点を展示。海のロマンを感じさせる大作の数々に、訪れた人たちが時間を忘れて見入っている。25日まで。(金海隆至)

 藤原さんは20代前半のころ、外国航路の貨物船に甲板員として乗り組み、北米やアジアを旅した。25歳から地元の漁協で働き始めたが、船への思いを募らせ、趣味で模型を製作。これまでに全長約3メートルの豪華客船「クイーンエリザベス2」など約35点を手掛けた。

 本格的な作品展は、今回が初めて。2年前に完成した日本最大級の客船「飛鳥2」を同町へ寄贈したことをきっかけに、同町が地元に残る16点を借りて主催することを決めた。

 実物の100分の1サイズほどの模型は、写真集を基に詳細な設計図を作成。船体はベニヤ板を貼り重ねてグラスファイバーなどで覆い、磨いて塗装する。甲板から上部はボール紙を使い、救命艇や万国旗などの外観まで精巧に再現。1隻につき半年以上を費やし、客室に電球まで取り付けた作品もあるという。

 同町はこのほど同公民館で藤原さんと製作費を支援してきた弟の照士さん(81)=大阪府摂津市=に感謝状を贈呈。藤原さんは会場に並んだ模型を見渡し、「われながらよく作ったなと思う。本物の客船を見る機会が少ない地元の子どもたちに喜んでもらえたら」と笑みをたたえていた。

 午前9時~午後9時半。同公民館TEL0796・36・3764

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ