但馬

  • 印刷
会員らが表現に工夫を凝らした作品=八田コミュニティセンター
拡大
会員らが表現に工夫を凝らした作品=八田コミュニティセンター

 兵庫県豊岡市の書道団体「仰音(こういん)書会」の作品展が、同県新温泉町千谷の八田コミュニティセンターで開かれている。心に残った言葉や座右の銘などを行書や楷書で表現した約20点が並ぶ。30日まで。

 豊岡市の書家岸本聖城さん(67)が主宰。但馬一円の30~80代の男女約10人が月に数回、批評会などを開いて研さんを積んでいる。

 この数年間で手掛けた額装や軸装などを展示。中国の書家王義之の書を均等に配した臨書のほか、六朝(りくちょう)時代に起源を持つとされる、角張った力強い筆調で記した「永樂」の2字などで、川柳を志す会員は自作をなめらかな筆致の行書でしたためた。

 岸本さんは「真剣に書と向き合った成果。会員それぞれの個性を感じてほしい」と話している。

 入場無料。午前9時~午後4時半。6日と月曜休館。同センターTEL0796・93・0888

(末吉佳希)

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ