但馬

  • 印刷
オンラインで取材する生徒たち=神戸新聞但馬総局
拡大
オンラインで取材する生徒たち=神戸新聞但馬総局
質問に答える岸本達也論説委員=神戸新聞但馬総局
拡大
質問に答える岸本達也論説委員=神戸新聞但馬総局

 神戸新聞但馬総局でトライやる・ウィークに取り組む豊岡北中学校の2年生3人が、神戸新聞1面コラム「正平調」を担当する岸本達也論説委員にオンラインで取材した。3人は「同校では2年生が国語の授業で正平調の書き写しをしている」といい、同コラムの制作過程に興味津々。それぞれの疑問をぶつけた。(まとめ・河村宰冴(つかさ)、宮部慶汰、坂田ひなた)

 -書くのにかかる時間は。

 「お昼前にテーマを決めて、早ければ午後4~5時には書き上げる。しかし、(より良い記事にしようと)手を加えているうちに、いつも夕方になってしまう。目標は午後6時」

 -テーマはどう決める。

 「当日に大きなニュースがあればそれを使うことが多い。また、過去に起きた事故や事件からちょうど○年となる節目の日だったら、その出来事について書くなど、『今日は何の日』かも踏まえて決める」

 -気を付けていることは。

 「カタカナや難しい言葉を使わず、できるだけ簡単な言葉に言い換えている。また、(原稿の流れや間違いがないかをチェックするため)書けたら一度声に出して確認している」

 -いつからあるのか?

 「神戸新聞の最も古いコラムは1900(明治33)年3月23日、正平調の第1回は1934(昭和9)年1月5日から書かれている」

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ