但馬

  • 印刷
初の施政方針表明に臨んだ関貫久仁郎市長=豊岡市議会議場
拡大
初の施政方針表明に臨んだ関貫久仁郎市長=豊岡市議会議場

 兵庫県豊岡市議会の定例会が4日開会し、先月就任した関貫久仁郎市長が初めて施政方針を表明した。(石川 翠)

 冒頭、関貫市長は「全市民の代表として、かじ取りをしていかねばならない」と自身を鼓舞。就任以降、各部署の業務を確認して一部の再考や変更を進め、新型コロナウイルスワクチン接種が円滑に進むよう推進室を新設するなど、体制を再編したことも強調した。また全市民の完了時期は「12月末を目指す」とした。

 一方で「3月議会で本格予算も成立し、市政の急な転回による混乱は避けるべき。色を染め上げるまでには今しばらくの時間をいただきたい」とも述べた。

 9月に開く予定の豊岡演劇祭は「関わってくれる市民の輪を広げ、地域に根付いたものとなるよう努める」、ジェンダーギャップ(男女格差)解消では、条例制定や女性会議設置について「意識啓発を重点的に行い、市民の理解が深まった段階で必要性も含め改めて検討する」と述べた。

 一時停止中の新文化会館の整備は「(整備工事に関連する)健康福祉センターの存廃問題があり、当面の間休止する」とした。

 本会議では、2021年度一般会計補正予算案など計26議案が提出された。会期中に人事案件など4議案が追加で提出される予定。

但馬
但馬の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ