但馬

  • 印刷
ごみなどを拾い集める参加者たち=気比の浜
拡大
ごみなどを拾い集める参加者たち=気比の浜

 兵庫県豊岡市気比の気比の浜でこのほど、港地区の児童や生徒、地域住民ら約400人による清掃活動が行われた。参加者たちは互いに協力しながら、浜に流れ着いたごみを集めていた。

 多世代の住民間の交流を深め、郷土の自然保全の意識を高めようと1981年から行われている。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で中止になったが、今年で39回目。

 港認定こども園と港小学校、港中学校の子どもと保護者、高年クラブなどが参加した。6班に分かれ、担当エリアの砂浜に落ちているプラスチックごみや流木、藻などをごみ袋に入れていった。

 同園の男児(5)は「きれいになってうれしい」とにっこり。港中学校の生徒会長の3年脇陸矢さん(14)は「感染予防のために距離を保ちながら行うことは大変だったけど、地域の絆を深めるために長年港地区に受け継がれてきた行事なので開催できてよかった」と話していた。(石川 翠)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ