但馬

  • 印刷
「愛と法」のチラシ(C)Nanmori Films
拡大
「愛と法」のチラシ(C)Nanmori Films
「愛と法」の一場面(C)Nanmori Films
拡大
「愛と法」の一場面(C)Nanmori Films

 同性同士の弁護士“夫夫(ふうふ)”の仕事や日常を追ったドキュメンタリー映画「愛と法」の上映会が21、24日に兵庫県豊岡市内で行われる。上映後は戸田ひかる監督や、性的少数者(LGBTQなど)の勉強会を続ける劇団「青年団」の和田華子さんによるトークイベントも。主催する豊岡映画センターは「映画を通して多様性について考えたい」としている。(石川 翠)

 豊岡映画センターは同市元町の映画館「豊岡劇場」の伊木翔さんや、映像作家の歌川達人さんらが、定期的な上映会を通して映画に関心を持ってもらおうと5月に立ち上げたグループ。上映会は2回目となる。

 作品は、大阪の下町に弁護士事務所を構える南和行さんと吉田昌史さんが主人公。2人のもとには、性的少数者や養護が必要な子ども、戸籍を持てない人、「君が代不起立」で処分された教員、作品がわいせつ罪に問われたアーティストなどから相談が寄せられる。

 2人は結婚式を挙げたが法律上は他人同士のまま。ある日、居場所を失った少年が居候し、3人での新しい生活が始まる。難しい題材が軽やかなタッチで描かれている。1時間34分。

 21日は午後6時半から豊岡劇場、24日は午後2時と同5時半からの2回、江原河畔劇場(豊岡市日高町日置)で行われる。上映後に戸田監督(21日と24日の2回目)と、和田さん(24日の2回とも)のトークイベントがある。問い合わせは豊岡映画センター(メールtoyooka.eiga@gmail.com)まで。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ