但馬

  • 印刷
ようか温水プールで飼育展示されている青いアマガエル=養父市八鹿町小山
拡大
ようか温水プールで飼育展示されている青いアマガエル=養父市八鹿町小山

 珍しい青色のアマガエルが、兵庫県養父市八鹿町小山の「ようか温水プール」で飼育展示されている。近くで運営会社の職員が発見した。間もなく開館30周年で「お祝いのために現れてくれたんですかね。水泳教室に通う子どもたちが引き取ってくれたら」としている。

 青いカエルは8月31日夕、草刈りをしていたシンコースポーツ兵庫の古谷真一さん(46)が発見した。体長は約2センチ。インターネットなどで調べると、アマガエルは青と黄の色素で緑になるが、突然変異で黄の色素がつくれなくなるという。「青色が目立って捕食されやすい」といい、保護することにした。受付窓口の横で、虫かごに入れて展示している。(桑名良典)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 10%

  • 17℃
  • 12℃
  • 50%

  • 19℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

お知らせ