但馬

  • 印刷
スマートフォンで撮影しながら工場内を案内する花房靖裕社長=豊岡市竹野町竹野
拡大
スマートフォンで撮影しながら工場内を案内する花房靖裕社長=豊岡市竹野町竹野

 兵庫県豊岡市竹野町竹野のしょうゆ製造会社「花房商店」がこのほど、東京都などの子どもたち約400人にオンラインによる工場見学会を開いた。2年仕込みの大豆と小麦のこうじが入ったタンクなどを、花房靖裕社長(48)がスマートフォンで撮影しながら、しょうゆの製造過程を紹介していた。

 同店は創業180年で、花房社長は7代目。これまで地元の小中学校向けに工場見学を受け入れてきたが、新型コロナウイルス感染防止で実地見学ができなくなった。そこで昨春、オンラインでの見学を企画した。今回は、東京都内などの学童クラブから依頼を受けて、複数の地区とつないで中継した。

 まず、クイズ形式で原料の問題を出して、大豆と小麦、塩であることなどを解説。その後、工場内にある大豆を蒸す圧力釜や、こうじを作るための室(むろ)、塩水を入れて熟成させるタンクを順番に映し出した。出来上がったもろみを何重にも重ねてプレスするしぼり機を紹介しながら「かすは牛の餌にする」と説明した。

 最後に事前に送っていた薄口しょうゆと、独自の再仕込み製法で2年かけて作った刺し身じょうゆを味わってもらい、違いを感じてもらった。花房社長は「小さな微生物のおかげで、時間をかけて、しょうゆができる。子どもを育てるような気持ちで愛情を持って見守っている」と締めくくった。(石川 翠)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 10%

  • 17℃
  • 12℃
  • 50%

  • 19℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

お知らせ