但馬

  • 印刷
淡いクリーム色の花を咲かせたサトイモと上田まり子さん=香美町
拡大
淡いクリーム色の花を咲かせたサトイモと上田まり子さん=香美町

 兵庫県香美町の上田まり子さん(68)が所有する畑で、日本では珍しいサトイモの花が咲いた。淡いクリーム色をした細長い花は、大きく茂った葉に囲まれて、ひときわ優雅な存在感を放つ。上田さんは「サトイモの花を見るのは初めて」と驚いている。

 サトイモは熱帯地域原産のサトイモ科の植物。葉が変形して花びらのように見える「仏炎苞(ぶつえんほう)」が、中央にある棒状の花「肉穂花序(にくすいかじょ)」を包むように成長する。新温泉農業改良普及センターの普及指導員によると、国内では生育旺盛な株に花が開くことはあるようだが、「一般的な栽培品種では見たことがない」と話す。

 上田さんは自宅近くの畑約10アールの一部で、約50株を栽培。9月上旬、赤芋と呼ぶ種の約15株で、1株につきわき芽から約20センチの花が三~五つ伸びてきた。

 上田さんの知人で水やりなどの世話を続けてきた徳田英夫さん(72)は「今年は梅雨が長かったため、高温多雨の気象条件が影響したのでは」と推測。上田さんは「サトイモの花言葉は『繁栄』。毎年健康でいられるのが幸せだが、この花に出合えて何かいいことがあるかも」とうれしそうに話している。(金海隆至)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 10%

  • 17℃
  • 12℃
  • 50%

  • 19℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

お知らせ