但馬

  • 印刷
はじける笑顔で踊る新田小の児童たち=豊岡市河谷
拡大
はじける笑顔で踊る新田小の児童たち=豊岡市河谷
流れ星のデザインなどが施されたチャリティー用のオリジナルTシャツ=豊岡市河谷
拡大
流れ星のデザインなどが施されたチャリティー用のオリジナルTシャツ=豊岡市河谷

 復興への祈り、笑顔のダンスに込めて-。兵庫県豊岡市河谷の新田小学校5、6年生が19日、全国の被災地を支援する「チャリティーダンス」を運動会で披露した。児童たちは「幸せを届けよう」とのメッセージが入った、おそろいのTシャツを身につけ、笑顔いっぱいで力強い踊りに汗を流した。(末吉佳希)

 同校は2004年の台風23号で、学校周辺が甚大な浸水被害に見舞われた。全国から多くの支援を受けたことから、被災地支援の募金活動などを続けている。また、本年度は県の「気象災害モデル校」として防災に関する授業や気象予報士の講演会なども予定されている。

 ダンスを取り入れた活動は東日本大震災をきっかけに始まった。今年は大規模土石流が発生した静岡県熱海市と記録的な大雨となった九州北部の復興を願い、6年生の有志でつくる実行委員会が夏休みから準備してきた。ダンス教室に通う児童を中心に振り付けを考案したほか、収益を寄付に充てるオリジナルTシャツの製作も。復興を願う流れ星のデザインに、英語で「幸せを届けよう」「新田から福岡へ」などのメッセージを添えた。

 本番では5、6年生の60人が登場。実行委員の「笑顔や幸せの輪が広がりますように」の掛け声とともに曲が始まり、リズムに合わせてステップを踏んだりピースサインでポーズを決めたりと計6曲分を披露。保護者らは手拍子を送るなどして見守った。

 児童会長の6年、寺谷のあさん(11)は「楽しく踊れた。これからも助け合いの心を大切にしたい」と話していた。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ