但馬

  • 印刷
コイの巨大オブジェを清掃する養父小の児童ら=養父市養父市場
拡大
コイの巨大オブジェを清掃する養父小の児童ら=養父市養父市場
清掃前のオブジェ。汚れが目立ち、ちょっぴり怖い=養父市養父市場
拡大
清掃前のオブジェ。汚れが目立ち、ちょっぴり怖い=養父市養父市場

 養父小学校(兵庫県養父市養父市場)の6年生児童らが、円山川沿いの県道にあるコイの巨大オブジェを清掃した。同地区は、コイの養殖が盛んだったため、1990年代にシンボルとして設置された。汚れが目立っていたため、保護者とともにブラシや高圧洗浄機を使って、水で流し落とした。

 養父市場は、きれいな水に恵まれたことや、養蚕が盛んなため餌となるサナギが確保できたため、昔からコイの養殖地として栄えた。オブジェは全長約18メートルで、交通量の多い円山川沿いの右岸道路に設置された。

 参加した男性(54)によると、清掃するのは約10年ぶりという。同校の男児(11)は「高いところは4メートルほどあり、汚れを取るのに作業するのが大変だった。車で通る時にも、きれいになったコイを眺めてみたい」と喜んでいた。(桑名良典)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ