但馬

  • 印刷
木造家屋が密集する地域での火災を想定した消防訓練=豊岡市津居山
拡大
木造家屋が密集する地域での火災を想定した消防訓練=豊岡市津居山

 兵庫県豊岡市津居山でこのほど、木造家屋が密集する地域での火災発生を想定した消防訓練が実施された。同市の豊岡、城崎、竹野の3消防団や警察、津居山区の住民ら総勢約150人が参加。住民らも通報や避難誘導を訓練したほか、狭い路地にも進入できる最新型のはしご車も導入され、連携の流れを確認した。

 同市消防本部では、2015年1月の城崎温泉街での火災発生を受け、市内にある木造建物の密集地域を調査。消防隊の活動が特に困難な街区が、市内の28行政区の中に167カ所あり、同本部では18年から順に地元消防団などと連携して訓練を続けている。

 九つの街区が指定される津居山区で、このほど訓練を実施。強い風にあおられて延焼した想定で、通報や消火活動がスムーズにできるかを確認した。

 豊岡消防団の太田克己団長(72)は「街区での火災では各地からの応援が不可欠。今後も訓練を重ね、スムーズな連携を図りたい」と講評。同区の岩井継郎区長(69)も「過去には北但大震災で大きな被害があった。今回は住民もきびきび行動できたが、万一には命を守る行動を取って」と話した。(阿部江利)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ