但馬

  • 印刷
オリジナルテキスタイルで製作したポーチなどを手にする古橋緋香里さん(右)と鈴木晴子さん=豊岡市出石町田結庄
拡大
オリジナルテキスタイルで製作したポーチなどを手にする古橋緋香里さん(右)と鈴木晴子さん=豊岡市出石町田結庄
出石をモチーフにした5種類のテキスタイル=豊岡市出石町田結庄
拡大
出石をモチーフにした5種類のテキスタイル=豊岡市出石町田結庄

 兵庫県豊岡市出石町田結庄の服飾・雑貨店「ハルノヒカリ」が、出石のシンボルとなっている辰鼓楼や町屋の格子戸をイメージしたオリジナルのテキスタイル(生地)を開発した。店主の古橋緋香里さん(30)はその生地でポーチやトートバッグなどを作製。「新しい出石の土産物になれば」と話している。(石川 翠)

 古橋さんは母親の鈴木晴子さん(59)の営む「つるや洋品店」内にハルノヒカリを開店。5周年の記念と、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた観光地の出石を、客を受け入れる側の商店からも盛り上げたいと企画。同町内のデザイナー西垣夏美さんと試行錯誤を重ね、完成させた。

 デザインは5種類。このうち、薄いピンク色に三角や四角の柄がちりばめられた生地は、建物の屋根や本体がバラバラになった「はじけた辰鼓楼」をイメージしたという。重要伝統的建造物群保存地区の町屋のさまざまな格子戸のシルエットを柄のようにした生地や、旧出石町の町花テッセンのデザインなどもある。

 母娘で、ポーチ(Lサイズ1650円)やトートバッグ(Sサイズ2530円)、がま口財布(3410円)を手作りしている。

 13~15日の午前10時~午後5時に、5周年記念イベントとして店内でお披露目販売を実施。但馬地域のハンドメイドアクセサリー作家の作品の展示と販売のほか、焼き菓子店や日本茶カフェの商品販売もある。

 テキスタイル商品はいずし観光センターの土産物コーナーにも並ぶ予定。古橋さんは「出石を訪れた若い人などに手に取ってもらいたい」と話している。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ