但馬

  • 印刷
チシマザサに雪が積もる山頂付近=氷ノ山
拡大
チシマザサに雪が積もる山頂付近=氷ノ山
木に着雪した雪が白い花のように見える=氷ノ山
拡大
木に着雪した雪が白い花のように見える=氷ノ山
麓からは山頂付近の積雪がうっすらとしか見えない=氷ノ山
拡大
麓からは山頂付近の積雪がうっすらとしか見えない=氷ノ山

 氷ノ山(兵庫県養父市、1510メートル)で12日朝、初冠雪が観測された。やぶ市観光協会が早朝、標高1340メートル以上で積雪を確認したが、麓からはどうにも確認しづらい。記者が、山頂を目指した。

 午前7時10分、車で養父市大久保に到着。先に来ていたテレビ局カメラマンと「積もってるよな?」と言葉を交わす。

 初冠雪の可能性があることは、寝る前に確認していた。午前2時半に、スマートフォンで気象図を見ると、鳥取県付近から雨雲が近づいていた。午前6時半、事前に頼んでおいた同市大久保の旅館街の女性から携帯に初冠雪の連絡がきた。市街地の関宮地区の気温は4度だった。

 テレビカメラには着雪して白くなった木がしっかりと映っていた。しかし望遠レンズがなくデジタルカメラではほぼ確認できない。

 ここでの撮影をあきらめ、午前8時すぎ、山頂に向かう。途中の山小屋に重い荷物を置き、さらに15分ほど歩くと、神戸大の山小屋「神大ヒュッテ」付近で、雪を確認できた。

 午前9時10分、山頂に着いた。山小屋の中は氷点下1度、外は風速10メートル以上。山小屋を背景にチシマザサに積もった雪を撮影し、本社に連絡を入れた。

 午前9時半ごろ、テレビ局のヘリコプターが飛来する。晴れ間がのぞき始めた。午前11時、下山後に麓の自治協議会事務所に立ち寄り原稿を送信した。

 県内最高峰の氷ノ山は、美しい景色も見せるが、厳しい冬山の顔もある。さまざまな表情を見せる豊かな自然環境が身近にあることを改めて感じさせられた。(桑名良典)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ