但馬

  • 印刷
猿尾滝での20年間のガイド生活に終止符を打った西村寿さん。香美町村岡観光協会が贈った感謝状を手に=同町村岡区日影
拡大
猿尾滝での20年間のガイド生活に終止符を打った西村寿さん。香美町村岡観光協会が贈った感謝状を手に=同町村岡区日影
雪が積もった猿尾滝を訪れた外国人留学生に英語でガイドする西村寿さん(左端)=2016年1月 香美町村岡区日影
拡大
雪が積もった猿尾滝を訪れた外国人留学生に英語でガイドする西村寿さん(左端)=2016年1月 香美町村岡区日影
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
取材日に西日を受けて雄滝に出現した虹=香美町村岡区日影
拡大
取材日に西日を受けて雄滝に出現した虹=香美町村岡区日影
雄滝の水流に見え隠れする仏様の像(中央付近)。右隣には横を向いたようなマリア像が見える=香美町村岡区日影
拡大
雄滝の水流に見え隠れする仏様の像(中央付近)。右隣には横を向いたようなマリア像が見える=香美町村岡区日影

 兵庫県香美町村岡区日影の県指定名勝、猿尾滝で、県認定の名物ガイドとして活躍した西村寿(ひさし)さん(85)が今月上旬、体力の衰えから引退を決めた。四季折々に変化する雄大な景観をこよなく愛し、軽妙な語り口でその魅力を伝えてきた。20年で案内した観光客は約3万人に上るという。不覚にもガイド姿を一度も拝見できなかった記者が、軌跡を紙面で振り返りたい-と伝えたところ、現場での取材に快く応じてくれた。(金海隆至)

■トレードマークはゴルフ帽子と法被

 今月25日午後2時、国道9号から東約1・2キロの猿尾滝に着くと、トレードマークのゴルフ帽子と法被姿の西村さんが、包み込むような笑顔で迎えてくれた。

 「ようきんさった」

 西村さんの但馬弁でのあいさつには、各地から訪れた観光客たちも一様に笑みをこぼしたという。

 日本の滝百選に認定されている猿尾滝は、上下2段の高さ約60メートル。上段は水流が荒々しく直下する雄滝(同39メートル)、下段は岩の割れ目を流麗に滑り落ちる雌滝(同21メートル)で、景観が猿の尾に似ていることから、この名が付いた。ちなみに百選の中で「猿」の字が付く滝は他にない。

 春は新緑、夏は納涼、秋は紅葉と水流のコントラストが味わえ、冬には荘厳な氷瀑(ひょうばく)が出現する-というように、移り変わる表情が見る人の心を捉えてきた。

 「ここは日本でも珍しい滝なんじゃ」。西村さんの言葉に力が込もる。

 まずは、駐車場そばの入り口から雌滝の滝つぼまで、遊歩道に沿って歩く。その距離、わずか約150メートル。近くて便利な上、雌雄の滝を一体で観賞できるのが特長だ。

 さらに周辺一帯はひん岩という一枚岩で形成されている。岩肌がのっぺりと黒く、本物のサルの尻のように感じられるのも一興。

 「夏には、地元の小学生たちが尻に敷物をあてて、水流滑りを楽しむ。最高の遊び場だ」と西村さん。幼いころ、自身もそうして遊んだと懐かしむ。

 江戸期にこの地を領有した村岡藩の8代藩主、山名義方(よしまさ)は1806年、かごに乗って休憩に訪れた際、猿尾滝の絵を描き残し、滝でそうめん流しを楽しんだとも伝えられる。日影区が毎年7月の第2日曜に、猿尾滝で開催する「お滝さんまつり」では、道沿いに竹を約70メートル並べて実施する「そうめん流し」が目玉行事として人気を集めてきた。

■「無名の滝を世に出したい」観光客36倍に

 西村さんは元小中学校教諭で、日影区の区長だった2002年、猿尾滝の認知度不足を痛感したことから、ボランティアでガイド役を買って出た。

 06年には仲間らとガイドの会を設立。ユーモラスな解説と熱心な活動が多くのリピーターを生み、「指名が多い年は150回ほどをこなした」と胸を張る。08年には第1回ひょうご観光ボランティアガイド発表会で最優秀の県知事賞に輝き、「ひょうご名物ガイド」に認定された。

 国道9号からの道路の拡幅や公衆トイレ、駐車場などの整備も行政に働き掛け、観光客数は00年前後の年間3千人から、11年には36倍の約11万人に急増した。ブームをけん引した立役者は「無名の滝を世に出したい一心だった」と振り返る。

 「あれが仏様だ」

 雌滝近くのベンチに腰掛けた西村さんが、上空の雄滝を見上げて指さした。

 雄滝には、水流が造形した“自然の石彫”が見え隠れするとされ、「仏様」や「観音様」「マリア像」などを見つけて楽しめる。

 そのとき、同行していた同町村岡観光協会の女性職員が「あっ、日が当たっている」と、弾んだ声で続けた。

 雄滝は、直下する水流が四方に散り、西日を受けると、美しい虹がかかる時があるという。職員と来た道を戻り、滝つぼへと上がる坂道を急いだ。色濃く、巨大な虹がくっきりと眼前に現れていた。

 夢中でカメラのシャッターを切り、戻ると、西村さんが笑って言った。「きっと、御利益があるわ」

 それもそのはず。滝の水しぶきにはマイナスイオンが多く含まれ、疲労回復や安眠効果があるとされる。「私は毎朝、入り口に立ってお祈りし、深呼吸するのが日課じゃ。おかげでぐっすり眠れる」と話した。

 両ひざの状態が悪くなったため、今月12日のガイドを最後に引退を決意した。今後はごみ拾いなどの清掃活動を続ける傍ら、後進の育成に尽くすという。

 西村さんは誇らしげにほほ笑んだ。「他の滝にはない美点を凝視し、強調すると皆が驚き、国内外からたくさんの観光客が来てくれた。猿尾滝は私の宝物です」

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 30%

  • 3℃
  • 1℃
  • 90%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ