但馬

  • 印刷
椿野博さんの作品を手にする仁司さん=城崎温泉
拡大
椿野博さんの作品を手にする仁司さん=城崎温泉

 兵庫県豊岡市城崎町で地蔵絵を描き続けた故椿野博さんの回顧展が、同町湯島の「御所の湯」近くの特設ギャラリーで開かれている。会場には、優しくほほえむお地蔵さんが100点以上並ぶ。今月末ごろまで。

 椿野さんは同町で旅館を経営しながら旧町議会議員などを務めていたが、がんと狭心症を患い、公職を辞した。絵を描き始めたのは、60歳を過ぎてから。入退院を繰り返していたときに散歩途中に偶然目にした道端のお地蔵さんに心引かれ、独学で描き始めた。旅館近くに設けたアトリエで創作活動を続け、全日本アートサロン絵画大賞展や、上野の森美術館大賞展などで入賞している。

 今回は長男の仁司さん(68)が、新型コロナウイルス感染拡大が少し収まり、観光客が増えてきた城崎温泉に、「にぎわいを添えたい」と企画。

 色紙やはがきに描かれた作品が多く、赤い前掛けをして並んでいたり、アクリル絵の具でカラフルに彩られていたりする。「ええがな ええがな」や「おかげさまで」などの文言のほか、同市出身の教育者・東井義雄さんの詩が添えられているものもある。

 観覧無料。午前10時~午後5時ごろ。不定休。問い合わせはつばきの旅館TEL0796・32・2131

(石川 翠)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ