但馬

  • 印刷
JR西日本が撤去する方向で検討している跨線橋=JR生野駅
JR西日本が撤去する方向で検討している跨線橋=JR生野駅

 兵庫県朝来市生野町口銀谷のJR播但線生野駅で、上下線のホームをまたぐ跨線橋(こせんきょう)について、老朽化のため、JR西日本が撤去する方向で検討していることが8日、分かった。同日に開かれた市議会定例会の一般質問で、藤岡勇市長は「観光客など駅の利用者は跨線橋を利用しており、なくなれば駅のイメージも悪くなる。JRには市としても存続を求めていく」と答弁した。

 跨線橋は1952年設置の木造建築で、線路のレールが一部構造材に使われている。当初、JR西は来年夏までに撤去する方向で検討していたが、生野町区長会など3者と市が11月に存続を求める要望書をJRに提出。計画は現在、保留された状態となっている。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ