但馬

  • 印刷
ハリセンボンやサメの剥製を飾り付けた特製クリスマスツリー=香美町立ジオパークと海の文化館
拡大
ハリセンボンやサメの剥製を飾り付けた特製クリスマスツリー=香美町立ジオパークと海の文化館

 兵庫県香美町立ジオパークと海の文化館(同町香住区境)で、ハリセンボンやサメの剥製を飾り付けた特製クリスマスツリーがお目見えした。訪れた来館者は「ギョギョッ(魚魚)!」と驚いて目を丸くし、笑顔で近づいて楽しそうに眺めている。25日まで。

 同館では毎年この時期、ツリーを設置。今年は4月に着任した西田昭夫館長(67)が「海に関係した施設らしく、華やかで目立つものに」と提案し、施設が所蔵する魚類の剥製を飾り付けることになった。

 入り口付近に立つツリーは高さ約2メートル。サンタクロースの人形やベル、電球など従来の装飾に加え、ハリセンボン15点とノコギリザメ、タイワンザメの幼魚各1点の剥製を職員があしらった。丸く膨らんだハリセンボン(直径約10センチ)は体表のとげが鋭いため、子どもの手が届かない高さに取り付けている。

 西田館長は「施設の新しいシンボルに。剥製を通して、自然豊かな香美町や海、魚への興味を深めてもらえたら」と話している。

 入館無料。午前9時~午後5時。毎週水曜休み。同館TEL0796・36・4671

(金海隆至)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 2℃
  • ---℃
  • 70%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ