但馬

  • 印刷
会見で昨年の状況を振り返る平田オリザ学長=芸術文化観光専門職大学
拡大
会見で昨年の状況を振り返る平田オリザ学長=芸術文化観光専門職大学

 芸術文化観光専門職大学(兵庫県豊岡市山王町)で6日、平田オリザ学長が定例会見を開き、開学初年となった2021年を振り返るとともに、「国際交流の準備を整えていく」と今年の抱負を語った。

 同大学は昨年4月、但馬地域初の四年制大学として開学。1期生84人が在籍し、演劇やダンスなどを本格的に学んでいる。2期生の入試も進んでおり、前回に比べて倍率は下がったが、全国各地から受験生が集まっているという。

 昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くの制約があったが、学生たちの活動は活発で、26の公認サークルが誕生した。

 地域とのつながりも生まれ、学生寮に企業や地域住民が米などの差し入れをしてくれることもあった。11月には準備から上演までを学生が担った初めての公演「忠臣蔵・キャンパス編」があり、観客の8割が但馬地域からの来場だったという。

 一方、大学の特色の一つとして国際交流関連プログラムを掲げているが、コロナで実施できなかったといい、「今年は海外の多くの大学と提携を結び、3年次に留学が実施できるようになった際には、慌てないように準備していきたい」と話した。(丸山桃奈)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ