但馬

  • 印刷
大型連休を前に船の備品などを確かめる海保の点検員ら=香住漁港東港
拡大
大型連休を前に船の備品などを確かめる海保の点検員ら=香住漁港東港
大型連休を前に船の備品などを確かめる海保の点検員ら=香住漁港東港
拡大
大型連休を前に船の備品などを確かめる海保の点検員ら=香住漁港東港

 大型連休を前に、兵庫県警香住海上保安署は28日、香住漁港東港(同県香美町香住区境)から発着する「かすみ海上ジオタクシー」の安全点検を実施した。

 同タクシーは、奇岩や洞門など香住海岸の絶景ポイントをベテラン漁師らが自前の小型漁船で案内している。4年目の今シーズンは24日に運航が始まった。

 この日、香住海保の点検員9人は「大翔丸」と「慎雄丸」の2隻で、消火器や救命胴衣など法定の備品や書類を確認した。北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船が遭難した事故を受け、運航基準や緊急時の連絡態勢についても細かく聞き取った。

 同タクシーは、波の高さ50センチ以上、風速8メートル以上などの悪天候時は運航を取りやめている。気象状況はスマホのアプリなども参考にするが、毎朝6時半に岡見公園(同区一日市)から波の高さやうねりの大きさを見て運航の可否を判断しているという。

 漁師歴52年という「慎雄丸」の荒木則雄船長(67)は「できるだけのことをして、運航時に何が起きても対応できるようにしているが、お客さんの命が第一。無理だけはしたらあかん」と話した。(長谷部崇)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ