丹波

  • 印刷
思いを込めて歌う児童=篠山市立古市小学校
拡大
思いを込めて歌う児童=篠山市立古市小学校

 2010年に篠山市立古市小学校(兵庫県篠山市波賀野新田)1年生の酒井綾菜さん=当時(6)=が校舎から転落、死亡した事故を伝え続けようと、児童らが安全を願う歌「今日の日を…」を作った。23日、CD制作のために歌声を録音する作業があり、児童らは「忘れない」との思いを乗せて歌い上げた。

 失われた命に祈りをささげ、安全への誓いを新たにしようと同校では毎年、事故が起こった6月2日に「安全のつどい」を開いている。新たな歌は、このつどいでより一層、児童が思いを込めて歌えるものをと作られた。

 全校生81人が安全をテーマに作った俳句を基に、6年生11人が「一人一人大切な仲間 ずっと忘れない今日の日を…」などと作詞し、音楽教員が作曲した。

 録音は同校体育館で行われ、ピアノの伴奏に合わせて全校生が歌い上げた。6年生の男子児童は「温かい歌に仕上がった。命が失われるような事故が起きないよう、忘れてはいけないという思いを込めた」と話した。歌は安全のつどいなどで歌い継がれる。(井垣和子)

丹波の最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ