丹波

  • 印刷
篠山鳳鳴高校卒業50周年を記念して企画された作品展=篠山市民センター
拡大
篠山鳳鳴高校卒業50周年を記念して企画された作品展=篠山市民センター

 兵庫県の篠山鳳鳴高校を卒業して50年になる同窓生たちによる記念作品展「鳳鳴健児!50年経(た)っても“活(い)き活(い)き”文化祭」が25日、篠山市黒岡の市民センターで始まる。さまざまな分野で活動する卒業生たちが芸術を通して半世紀ぶりに“再会”し、多彩な作品を出している。26日まで。

 1967年2月25日に卒業式を迎えた当時の生徒会長水船和夫さん(68)=三田市=が、周囲に呼び掛け実現。生徒会役員が現在も篠山周辺に住んでいる約200人に声を掛けたところ、36人から約180点が集まった。

 ジャンルは絵画や丹波木綿、写真、生け花などさまざま。「生命いっぱいに自分の花を咲かせよう」との言葉に花を添えた心温まる絵手紙や、篠山城跡を素朴なタッチで描いた水彩画、木のぬくもりが伝わる花器などが並ぶ。

 水船さんは「学園祭の延長のような気持ち。いろいろな生き方があることを若い人にも知ってほしい」と話している。午前9時~午後5時(26日は午後3時まで)。水船さんTEL090・5046・5341

(安福直剛)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ