丹波

  • 印刷
昨年、汚泥を流出させた「篠山リサイクルセンター」=篠山市野中
拡大
昨年、汚泥を流出させた「篠山リサイクルセンター」=篠山市野中

 昨年2月、兵庫県篠山市野中の産業廃棄物中間処理施設「篠山リサイクルセンター」から汚泥が流出した問題で、施設を運営する南興業が3日、市役所で会見を開いた。配管を強化するなどの再発防止策を取り、今後は近隣住民に影響がないよう徹底した点検を行うことなどを報告した。

 問題は昨年2月6日未明に発生。ポンプが外れて処理後の汚泥約10立方メートルが流出、3分の1程度が周囲の畑などにあふれ出た。

 会見で同社は、流出した汚泥には有害物質は含まれていなかったと報告。また、ポンプが外れたのは寒さによる凍結が主な原因と分かったため、配管を塩化ビニール製から鉄製に取り換えた。全ての配管に保温テープなどを巻き、万が一の際の防護壁も増設。稼働時間も問題発生前より短くし、無人運転の時間帯をなくすという。

 同社は「地元の方に多大なご迷惑をかけた。安全な工場として再出発したい」と謝罪。4日以降、関係する野中、小多田の両地区の住民に報告書を配るという。(安福直剛)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 19℃
  • 12℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 40%

お知らせ