丹波

  • 印刷
宮城県南三陸町への派遣辞令を受ける中森恵佑さん(右)=篠山市役所
拡大
宮城県南三陸町への派遣辞令を受ける中森恵佑さん(右)=篠山市役所

 兵庫県篠山市行政経営課の中森恵佑(けいすけ)さん(30)が4月から、東日本大震災で被災した宮城県南三陸町に派遣されることになり、市役所で28日、辞令交付と壮行会があった。

 同市は2013年度から職員の派遣を1年単位で続けており、今回で5人目。津波で大きな被害を受けた同町は職員の人手が足りない状況が続いており、継続しての派遣要請があったという。

 中森さんは12年度に入庁し、4年間の税務課勤務を経て、16年度から現職。現地では町民税務課に配属され、高台で建設が進む住宅の固定資産税家屋評価を担当する予定という。妻が宮城県出身ということもあり、派遣に自ら手を挙げた。

 辞令を交付した酒井隆明市長は「篠山市が自信を持って送り出せる人材。南三陸町の復興のため元気で頑張ってほしい」と話し、中森さんは「篠山で学んだことを生かして貢献したい。町民に寄り添って業務に当たりたい」と抱負を述べた。(安福直剛)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ