丹波

  • 印刷

 兵庫県丹波市氷上町新郷の陶芸家、石原康次郎さん(80)によるリュックサックの作品展「輝けリュック10年のあゆみ」が11日、丹波市柏原町柏原の丹波の森公苑で始まった。23日まで。

 石原さんは退職後に趣味で陶芸を始めた。リュック作りは2007年に植野記念美術館(氷上町西中)で開かれた「山下清展」で、放浪中に故山下氏が使ったという実物を見て感銘を受けたのがきっかけ。金具やひものたわみなど細部まで表現され、10年間で80点以上を作っている。石原さんは「焼成回数の違いで、黄金に輝いて見える作品もある」と話す。

 今回は、リュック11点で10年の軌跡を振り返り、キツネや招き猫の貯金箱などの小物を含め計約200点を展示している。

 無料。午前9時~午後5時(23日は午後4時まで)。17日は休館。同公苑TEL0795・72・2127

(尾藤央一)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 30%

  • 32℃
  • 23℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 10%

  • 35℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ