丹波

  • 印刷
大書院を背景に威勢よくよさこいを踊る出演者=篠山城跡三の丸広場
拡大
大書院を背景に威勢よくよさこいを踊る出演者=篠山城跡三の丸広場

 兵庫県篠山市北新町の篠山城跡などで躍動感あふれる踊りが繰り広げられる「篠山よさこいまつり」が16日、市内3会場であった。過去最多の47組約900人の踊り手が鳴子や扇子を手に「ヨイヤッサー」などと威勢よく踊り、春の城下町を元気よく盛り上げた。

 踊りの愛好家たちでつくる実行委員会の主催で、10年以上の歴史がある。篠山市や丹波市など県内を中心に、福井や鳥取、滋賀などのチームが参加し、今回初めてジャズダンスやバトンダンスなど、よさこい以外のチームも出演した。

 メイン会場の三の丸広場では、城跡の石垣を背景にしたステージで、子どもから大人までが息の合った演技を披露。まつりの最後はデカンショ保存会が登場し、観客も交えてデカンショ節を踊った。

 出演した高校2年の男子生徒(16)=加古川市=は「青空の下、たくさんのお客さんの前で踊れて気持ちよかった」と笑顔。よさこいファンで県内のまつりを巡っているという加西市の会社員(58)は「踊りにも地域性があるので、いろいろな種類を見られて楽しかった」と話した。(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • 5℃
  • 30%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ