丹波

  • 印刷
徳平義昭さん
徳平義昭さん

 猫をテーマにした作品を数多く手掛け、2月に66歳で亡くなった画家、徳平義昭さんの遺作展「徳平猫之助展」が兵庫県篠山市乾新町の「コミュニティカフェみーつけた」で開かれている。志半ばで完成できなかった作品を含め、水彩画中心に約20点を妻・利加子さん(61)=篠山市京町=が展示。猫、そして絵を愛した画家をしのんでいる。29日まで。

 徳平さんは西宮市生まれで、かつては大阪の大手紡績会社で洋服の模様を描く専属のデザイナーとして活躍。篠山市出身の利加子さんと結婚し、25年ほど前に移住した。不慮の事故で亡くなった愛猫の姿を残そうと、1枚の絵を描いたことがきっかけで、画家の道へ。300枚以上描き上げた作品の大半が猫で、「猫之助」の愛称で知られていた。

丹波の最新
もっと見る

天気(6月29日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 40%

  • 26℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ