丹波

  • 印刷
ふるさと篠山の土を使った作品と山田さん=大阪市北区西天満4、アートサロン山木
拡大
ふるさと篠山の土を使った作品と山田さん=大阪市北区西天満4、アートサロン山木

 兵庫県篠山市出身で信楽焼の陶芸作家、山田浩之さん(47)=滋賀県甲賀市=の関西では3年ぶりとなる個展が、大阪市北区西天満4のギャラリー「アートサロン山木」で開かれている。実家近くの篠山川で採取した土を使ったぐいのみ、一輪挿しなど個性あふれる新作約120点が並ぶ。

 大学卒業後、丹波立杭焼の窯元で修業を積んだ山田さんは、甲賀市信楽町を拠点に国内外で活動。大根をかたどった作品を東京・銀座などの路上で無人販売し、物の価値観について問い掛ける取り組みなども行ってきた。

 篠山川の土は2年前に帰省した際、偶然見つけた。鉄分が多く、焼き方によって仕上がりが異なるといい、出展作品でもさまざまな風合いが楽しめる。ひときわユニークなのが「IT土器」。表面に現代ならではのUSBメモリーやコンピューター部品で文様が施されている。

 「これからもふるさとの土を通じた作陶で、自分のルーツを追求したい」と山田さん。個展は16日までの午前11時~午後6時(16日は午後4時まで)。同サロンTEL06・6363・5866

(今泉欣也)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 18℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ