丹波

  • 印刷
準決勝の栃木戦。團野亜耶選手(左)の同点弾に駆け寄り笑みをこぼす林洵菜主将(中央)=福井県越前町朝日、越前町営朝日総合運動場
準決勝の栃木戦。團野亜耶選手(左)の同点弾に駆け寄り笑みをこぼす林洵菜主将(中央)=福井県越前町朝日、越前町営朝日総合運動場

 各都道府県の代表が中学年代のホッケー日本一を懸けて戦う「第18回全日本中学生都道府県対抗11人制ホッケー選手権大会」が11、12日に福井県で開かれた。兵庫県篠山、丹南中学校のホッケー部で編成する兵庫・女子は全国3位。準決勝で優勝した栃木に1-6で敗れたが、3年生の奮闘など12人のメンバー全員が一致団結して戦い抜いた。

 試合終了を告げるホーンが鳴り響いた直後、栃木の6点目がゴールネットを揺らした。準決勝は前半に先制点を許す展開だったが、團野亜耶選手(3年)の技ありシュートで一時同点に。波状攻撃を仕掛ける栃木に後半突き放されたが、1~3年生の12人全員で最後まで必死に食い下がった。

丹波の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ