丹波

  • 印刷
食品の産地表示などに関し、県の見解を示す丹波農林振興事務所の松岡浩司所長(左)ら=篠山市役所
拡大
食品の産地表示などに関し、県の見解を示す丹波農林振興事務所の松岡浩司所長(左)ら=篠山市役所

 兵庫県丹波県民局丹波農林振興事務所の松岡浩司所長が6日、篠山市役所で会見し、「丹波篠山産」が適切かどうかなど食品表示に関する県の見解を示した。松岡所長は「丹波篠山産の表記は直ちに違反であるというわけではないが、消費者の誤解を招かないようにすることが最も重要」と指摘した。

 同事務所は法律に基づく農林関係の事務などを担っており、産地表示について市が県民局に見解を示すよう依頼した。

 国産品の産地表示について法律では、都道府県や市町村の名前のほか、旧国名など「一般に知られている地名」が認められている。ただ、丹波篠山が篠山市以外を指す例も見られるため、消費者が誤解しないよう県は「丹波篠山産」ではなく「兵庫県篠山市産」にするよう求めているという。

 また、商品の表面などにある「丹波篠山黒大豆」といった表記は、その名前全体が商品名の場合は問題がない。一方で「丹波篠山」が産地を指し、産地表示欄に「篠山市産」とある場合は矛盾が生じていることになるため、県としては指導や注意の対象になる、とした。(安福直剛)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ