丹波

  • 印刷
将来に思い描く地域の姿を発表する三輪小学校6年生=丹波市市島町酒梨
将来に思い描く地域の姿を発表する三輪小学校6年生=丹波市市島町酒梨

 2014年夏の丹波豪雨で被災した兵庫県丹波市市島町の美和地区で11日、主要な復旧工事の完了を記念する式典が行われた。土砂崩れが集落を襲い、一部の橋が流される被害も出た災害から約3年半。復旧・復興の歩みを進めてきた住民ら約150人が会場の市立三輪小学校に集まり、小学生の発表などに耳を傾けながら、「災害の記憶が風化しないようにしたい」と思いを新たにした。

 市によると、美和地区では大規模半壊2棟、半壊3棟、床上浸水4棟、床下浸水35棟の被害が発生。山際にある同町乙河内を中心に農地にも大量の土砂が流れ込んだ。県と市は本年度までに、道路や河川、治山、田畑など美和地区内で約50カ所の復旧工事を行った。

丹波の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ