丹波

  • 印刷
和菓子職人が手作りする3種類の「くずもちアイスバー」=藤屋
拡大
和菓子職人が手作りする3種類の「くずもちアイスバー」=藤屋

 兵庫県丹波市山南町井原の菓子店「藤屋」が、くず粉を混ぜ込んだ新食感アイス「くずもちアイスバー」を開発した。味は大納言小豆、イチゴ、ブルーベリーの3種類あり、牛乳を含めていずれも丹波市産。溶けるにつれて「しゃりしゃり」から「ぷるぷる」へと変わる食感が売りで、28日に柏原八幡宮周辺で開かれる味覚フェア「丹波ルシェ」で販売を始める。

 3代目店主の後藤紀行さん(46)によると、1年ほど前から和菓子職人仲間の間でくず粉を使ったアイスの人気が高まっているといい、旧友の職人から基本的な製法を教わった。くず粉のおかげで溶けても液化せずに形を保ち、ゼリーのように食べられるため、「猛暑の中でもじっくり味わえるアイス」と後藤さんは自信をのぞかせる。

 小豆、イチゴ、ブルーベリーは、各素材の存在感を際立たせるために大粒のものを採用した。牛乳にくず粉や寒天、甘く煮た各素材などを加えて熱し、凍らせたものを手作業で切り分ける。後藤さんは「食感のグラデーションを楽しんでほしい」とPRする。

 1本約90グラム。税込み170円だが、28日の丹波ルシェでは限定価格の150円で販売する(午前10時~午後3時)。店舗には9月中頃まで並ぶ予定。営業時間は、午前8時~午後7時。火曜休み。藤屋TEL0795・77・0146

(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 40%

  • 13℃
  • 3℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 13℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ