丹波

  • 印刷
決意の言葉を述べる派遣職員=丹南健康福祉センター
決意の言葉を述べる派遣職員=丹南健康福祉センター

 6日未明に発生した北海道地震を受け、兵庫県篠山市と丹波市は11日、職員計4人を被災した北海道むかわ町に派遣した。昨年11月に熊本県御船町を含む2市2町で結んだ「恐竜化石を活用した自治体連携に伴う基本協定書」に基づく支援で、4人は現地で避難所の運営や支援物資の仕分けを担当する。

 むかわ町に向かったのは、篠山市から市民安全課の小林智彦主査(44)と教育総務課の河野元秀主事(25)、丹波市からは復興推進室の秋山晃二係長(46)とこども園推進課の義積祥明主幹(43)。協定書は教育や観光面の交流のほかに災害応援も含まれており、すでに先遣隊を送った御船町の報告を元に、両市も派遣することを決めた。

丹波の最新