丹波

  • 印刷
ペチュニアの出荷作業に励む生活科の生徒たち=氷上高校
拡大
ペチュニアの出荷作業に励む生活科の生徒たち=氷上高校

 兵庫県丹波市春日町黒井の氷上高校で、卒業式用に育てた約5千ポットのペチュニアが花をつけている。学校や子ども園の卒業式で飾られるといい、門出を華やかに祝福するため、生徒たちが出荷作業に精を出している。25日からは一般販売も行う。

 同校では、毎年の卒業シーズンに合わせ、生活科の生徒がペチュニアを栽培。今年は丹波市と篠山市、多可町の計約40校・園に出荷される。

 ペチュニアは、濃淡のピンクや黄、赤、紫など色とりどりで、八重咲きの品種もある。昨年9月に種をまき、放課後も持ち回りで管理。1ポットずつ液体肥料を与えるなど丹精してきた。1年生の女子生徒らは「最大級の愛情を込めて育てました」とPRする。

 一般販売は1ポット150円で、平日午前9時から午後4時半ごろまで。氷上高校TEL0795・74・0104

(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ