丹波

  • 印刷
開講式に参加した受講者ら=JA丹波ささやま営農経済部
開講式に参加した受講者ら=JA丹波ささやま営農経済部

 兵庫県篠山市の特産物「山の芋」の栽培技術を学ぶ「丹波篠山山の芋スクール」の開講式がこのほど、JA丹波ささやま営農経済部(篠山市八上上)で開かれた。高齢化や後継者不足などで栽培面積が減少傾向にある山の芋の栽培方法を伝えていくため、毎年開催されている。今年は60代以上を中心に農家ら13人が参加した。

 スクールは2012年にスタート。参加者は1年間で座学や実習を計13回受講し、植え付けや害虫防除、選別などについて学ぶ。例年、退職をした後に地域の特産物の栽培に興味を持ち、受講を決める人が多いという。

丹波の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ