丹波

  • 印刷
軽トラ市を前に張り切る実行委員会のメンバーら=篠山市今田町上立杭
拡大
軽トラ市を前に張り切る実行委員会のメンバーら=篠山市今田町上立杭

 兵庫陶芸美術館(兵庫県篠山市今田町上立杭)前の市道約300メートルで28日、「丹波焼春の軽トラ市」が初めて開かれる。恒例の人気イベント「丹波焼の里春ものがたり」(5月3~5日)のプレイベント。軽トラック27台の荷台に丹波焼などを並べる予定で、気軽に品定めや買い物を楽しむことができそうだ。

 イメージしたのはフランス語で「市場」を意味するマルシェ。27の窯元が参加し、食器や鉢など、多彩な表現で仕上げた作品を用意する。市内で栽培された農作物も販売。黒豆コロッケやつくだ煮、日本酒など市内の特産品も、トラックの横に並んだテントで購入できる。

 18日には、主催する春ものがたり実行委員会のメンバーらが、会場周辺で告知看板の設置などに取り組んだ。市道には実際に軽トラを並べて、醸し出す雰囲気をチェック。メンバーからは「ええなあ」「盛り上がってほしい」と声が飛んだ。

 実行副委員長の市野吉記さんは「軽トラに陶器を並べるというのは聞いたことない。話題性で人を集められたら」と期待。メンバーの市野達也さんも「新たな取り組みをすることで、今まで丹波焼を買いに来たことのない人に興味を持ってほしい」と話した。

 午前10時~午後4時。雨天決行。丹波立杭陶磁器協同組合(陶の郷)TEL079・597・2034

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ