丹波

  • 印刷
子どもがテーマの絵が並ぶいわさきちひろ展=植野記念美術館
拡大
子どもがテーマの絵が並ぶいわさきちひろ展=植野記念美術館

 子どもをテーマにした、柔らかいタッチの絵で知られる画家いわさきちひろさんの特別展「ピエゾグラフによるいわさきちひろ展」(神戸新聞社後援)が、兵庫県丹波市氷上町西中の植野記念美術館で開かれている。同館の25周年記念展の第1弾として、生誕100年を迎えたいわさきさんの作品約170点を並べた。

 展示された絵は、精密機器メーカーのセイコーエプソン(長野県)が持つ色彩再現技術「ピエゾグラフ」を用いた精巧な複製で、水彩画の繊細な色合いや質感を原画そのままに写している。当時、作品に使用された酸性紙は時間がたつと変色、劣化する上、いわさきさんが多用した透明水彩絵の具は紫外線を浴びると退色してしまうため、作品を後世に残そうとピエゾグラフの作品が生み出された。

 展示室には、淡い色使いで一房のぶどうをそっとつまむ「ぶどうを持つ少女」など、子どもを描いた作品がずらり。青や紫、黄色が混ざり合った空が特徴的な「海辺を走る少女と子犬」も目を引く。また、いわさきさんの作業部屋を再現したコーナーや、息子と写った写真なども飾られている。

「近くでいわさきちひろの展示会がある時は必ず行く」という兵庫県尼崎市の会社員女性(56)は「子どもの頃、絵本を読んでからずっと好き。特に子どもの絵がかわいらしくて、いとおしく感じる」とほほえんだ。

 19日まで。月曜休館(6日は開館し、7日休館)。午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)。一般500円。同館TEL0795・82・5945

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ