丹波

  • 印刷
「丹波プロレス」に向け気を吐く朝吉高さん(中央)と出場するプロレスラー=丹波市市島町北岡本
拡大
「丹波プロレス」に向け気を吐く朝吉高さん(中央)と出場するプロレスラー=丹波市市島町北岡本

 丹波にプロレスの魅力を広めようと、観戦歴約50年の熱狂的ファン、朝吉高さん(58)=兵庫県丹波市=と、神戸や大阪などの社会人プロレスラーらが12日、前山小学校(丹波市市島町上竹田)で、無料観戦のイベント試合「丹波プロレス」を初めて開催する。

 建設業を営む朝さんは、ジャイアント馬場やアントニオ猪木の全盛期にプロレスにはまり、今も毎週末、プロ・アマ問わず、全国の試合に足を運んでいる。いつしか「丹波でも試合が見たい、市民に見せたい」との思いを強くし、親交の深い神戸のプロレス団体「アヴァンサル」の覆面レスラー“スペル・グアポ”メックスさんに相談。メックスさんや大阪などの選手5人が、プロレスを通じて町おこしや慈善活動に取り組む「ネクサス・プロジェクト」の一環として、今回のイベント試合を開催する運びとなった。

 当日は同プロジェクトの呼び掛けに応じたアヴァンサル、ジャパンプロレス2000(大阪)、紀州ぶんだらプロレス(和歌山)、なら万葉プロレス(奈良)など、関西の団体を中心に選手18人が出場し、30分一本勝負の4試合を展開する。リングは朝さんの人脈を駆使し、山形市から中古品を調達した。

 朝さんは「丹波のプロレスファンに身近に観戦できる機会を提供したい。プロレスを知らない人にも、間近で見る迫力など楽しみを知ってもらい、丹波にプロレス文化を根付かせたい」と力を込める。

 今後は協賛企業を募り、年に3回ほど、丹波市内でイベント試合を開く予定。毎回、会場で募金活動をし、地域の学校や社会福祉施設に寄付をする。

 12日は午後0時半開場、同1時開始。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ