丹波

  • 印刷
店内に残る舞台にスクリーンを設置し、上映会の準備をする「福住シネマの会」=丹波篠山市福住
拡大
店内に残る舞台にスクリーンを設置し、上映会の準備をする「福住シネマの会」=丹波篠山市福住
旧福住会館で営業する「マグナムコーヒー」=丹波篠山市福住
拡大
旧福住会館で営業する「マグナムコーヒー」=丹波篠山市福住

 かつて映画館だった場所で、懐かしの名画を楽しんでもらう「福住シネマの会」の第1回上映会が19日、兵庫県丹波篠山市福住の「マグナムコーヒー」(旧『福住会館』)である。16ミリフィルムの「鞍馬天狗 江戸日記」(1939年)や、昭和40年代の篠山を記録した「ふるさとの風土記 篠山の夏」などを上映する。

 市内には昭和期、「新丹波」や「楽天座」などの映画館があった。福住地区の福住会館も昭和30年代、芝居小屋や映画館としてにぎわったという。

 昨年1月、大阪から移住してきた古荘利治さん(52)が、福住会館だった建物にコーヒー店を出店。店内には舞台や楽屋が残り、近隣住民らが楽器の演奏会などを催すこともある。映画館の名残を感じた住民有志が懐かしく思い、シネマの会を立ち上げた。

 住民アンケートで上映してほしい作品を聞き取り、フィルムは神戸映画資料館(神戸市)から、映写機は丹波篠山市視聴覚ライブラリーから借りて準備。舞台の奥にスクリーンを設置し、ござと座布団を敷いて見てもらう予定だ。

 同会は旧福住小学校跡地活用運営委員会の一環で始まった。今後も同店や同小学校で定期的に上映会を開く方針。同会の男性(67)は「懐かしい場所でいろんな映画を楽しんでもらえたら」と話す。

 上映会は午前10時~正午ごろ。無料だが支援金を歓迎する。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 24℃
  • 20%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ