丹波

  • 印刷
トラクター後部に装着した機械が、畝立て、シート敷設、種まきの3作業を一挙にこなす=丹波市市島町上竹田
トラクター後部に装着した機械が、畝立て、シート敷設、種まきの3作業を一挙にこなす=丹波市市島町上竹田

 兵庫県丹波市のブランド農産物として生産される黒ゴマの種まきが、市内で進んでいる。2年前に導入された、畝立て▽雑草防止用のシート敷設▽種まき-の3作業を同時にこなす機械が各地で活用され、省力化が図られている。

 農薬、化学肥料を使わない丹波市産の黒ゴマは、栽培開始から15年目。2017年に、農作業を支援するJA丹波ひかみの子会社「アグリサポートたんば」が3作業を同時に行う機械を導入。10アール当たり4、5日ほどかかっていた作業を約2時間に短縮させた。丹波黒ごま生産組合では機械化で労力を軽減し、栽培面積を拡大したい考えだ。

丹波の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ