丹波

  • 印刷
軽乗用車の通行が可能になった県道三田篠山線=丹波篠山市小枕
軽乗用車の通行が可能になった県道三田篠山線=丹波篠山市小枕

 昨年7月の西日本豪雨で被害を受け、復旧工事が進む兵庫県道三田篠山線(丹波篠山市小枕-三田市母子)で3日、車両幅が1・48メートル以下の軽乗用車の通行が可能になった。県丹波土木事務所は、遅くとも7月中の全面復旧を目指しているという。

 三田篠山線は豪雨で発生した土砂崩れで、路面が最大3メートルにわたって崩壊し、約4・1キロの区間で昨年から工事が続いている。当初4月末だった通行再開の予定は、資材搬入などの問題で、7月末に延期。地元住民から生活や農業への影響を訴える声が強く上がったため、同事務所は、軽乗用車の通行を先行して再開した。

丹波の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 70%

  • 29℃
  • 23℃
  • 70%

  • 32℃
  • 23℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ